定年までのカウントダウンのブログ

人生3倍生きて感じる事

人の3倍の人生 結婚編(2)

先日書いたブログの続きになります。


交際相手とのプロポーズまでは大変うまくいきました。ここからが波乱万丈の始まりです。なんと…、相手方の親から反対されたのです。これから書くつもりだったんですが、私は、人間的に社会人的に大きな欠陥があり、世間的には、社会人不適合者だったのです。


転職を繰り返し、一人暮らしをしていたこともあり、貯金は0円。
相手の親からは興信所を使って、過去の経歴から何から何まで全て調べ上げられました。
犯罪こそ犯していないものの、社会人としては全くダメダメでした。


でも結婚するにあたり、新たに就職をし、某飲料メーカーの営業で、営業成績もトップクラスになっていましたが、それでも許されないまま、時が過ぎていきました。


相手の親が納得してくれるように、生まれ変わったように頑張りました。義理の父になる人は何となくですが、納得してくれるようになりましたが、母親のほうはさっぱりでした。


母親の心中が穏やかではないうちに結婚式の日取りも決め、何とか両親ともに許してくれそうな雰囲気になったとき、ある一つの出来事が起こりました。結婚式の日取りと義理の姉の出産予定日が重なってしまいました。当然のように式の日取りを変えると彼女に告げられた私は、「今までの準備がムダになるから」と反対しましたが、結局式の日取りを変えることになりました。


そこからが事件の始まりです。それはまたこの次にでも書きましょう。

人の3倍の人生 結婚編

3度の結婚をしたと書きましたが、結婚生活や離婚理由はそれぞれありまして。


書けるところ、面白いところを書いてみたいと思います。


1度目の結婚は約20年前、20代後半でした。この結婚は、結婚前から波乱万丈で「そんなことが現実に起こるの?」って自分でも思いました。


10代からバスケをずっと続けていたのですが、後輩からの紹介で飲み会で出会いました。その日に電話番号を渡したのですが(今のように携帯やLINEのない時代です)
「俺に興味があったら電話ちょうだい」とあまり期待もせずに渡したことを記憶しています。ですから、電話がかかってきた時は、嬉しかったです。


その後、デートしたり、一緒にバスケをしたりしていましたが、相手が25歳の誕生日に
「私も将来を考えたい」と言われ、プロポーズしました。もちろん、OKだったのですが、ここからが波乱万丈の始まりでした。


今日はこのぐらいで。何が波乱万丈なのかは次回までのお楽しみに!



人の3倍の人生(1)

人の3倍の人生。


今までの人生の中でたくさんの成功、数えきれない失敗をしてきました。
その一つが、結婚です。


今時ですから、バツイチぐらいは当たり前でしょうが、わたくしの場合は、バツ2
で更に、3度目の結婚が現在進行形であります。


自分でもよく懲りもせずと思いますが、3度目は何とか進行している状態です。


相手が変われば何とかなるもので、2度の結婚生活の2倍の時間を今の奥さんと過ごしています。


自分は、何が変わったというわけでは無いのですが続くもんですね。自分が辛抱強くなったのか?それとも、奥さんが我慢しているのか?不思議なもんです。


2人の娘にも恵まれ、そこそこの幸せの中にいますが、離婚した時のことを今思い出すのもゾッとします。


離婚の理由は、次回以降に書きたいと思います。


ただ、人の3倍の人生は結婚だけではないところが、自分的にはすごいところだと思っています。