定年までのカウントダウンのブログ

人生3倍生きて感じる事

うつの症状

私の場合は、建物が迫ってくるように感じたり、自分が真っ直ぐ歩いているのかわからなくなりました。四方八方どこを向いても上り坂に見え、自分が進む道がすべて登っていかなくてはいけない状態になりました。徐々に酷くなっていき、1ヶ月後には普通に歩けば15分の道のりが1時間ぐらいかかるようになりました。


通勤が大変で電車に乗るのも気分がソワソワして、会社に近づけば近づくほどソワソワがひどくなっていきました。人が多いところが嫌になりましたが、会社にはいかなくてはいけないという強迫観念があり、人目を避けるようになりました。特に同じ会社の人に会いたくない気持ちが強く、いつも下を向いて歩いていました。


約2ヶ月後に心療内科に受診し「うつ病」との診断を受けました。自分的には「あぁ、やっぱりそうか」ぐらいに考えてしましたが、ここからが本当の「うつ病」との戦いの始まりでした。


会社でミスをしたのですが、いつもなら「悪い事した」とか、「ミスった」とか思うのですが、何も感じなくなってしまいました。ミスから逃げたいのではなく、心と体が繋がってないというか、悪いことをしたという感情を持てなくなってしまい「休職しよう」と決めました。


休職した瞬間から体調が激変しました。イライラが止まらず、常に強迫観念を持って生活し、家族までもが鬱陶しく思えてきました。眠ることが出来ず、睡眠導入剤も効かなくなり、頭が冴えイライラが激しく襲ってくる毎日でした。


まだまだ続きがありますが、長くなったので次回に。

うつ病について

私も最初は「うつ病」なんて単なる言い訳で「サボり病」という認識が少しありました。しかし、自分がいざ「うつ病」になってみると、こんなにつらい病気だと初めて知りました。


何がつらいって。自分の思い通りに身体も心も動かないということです。仕事に行こうと思って朝も起きるのですが、出勤5分前に気持ちのソワソワが始まり、吐き気や倦怠感が体を襲ってきて(襲ってくるという言い方が一番しっくりくる)家から出られなくなり、時間だけが過ぎていき、会社に行けなかった罪悪感に一日悩まされるの繰り返し。


言葉で伝えても伝わり切れないと思いますが、一日中、罪悪感の中で生活し、それが何ヶ月も続く。闇の中から抜け出せなくなります。


私の場合、睡眠がうまくできず、現在でも睡眠導入剤と精神安定剤を飲まないと全く眠れません。30時間起きてても、体は怠く眠りに入ろうとするのですが、頭は冴えてきて色んな事を考え出してきます。頭はしっかりしているので、出掛けることはできるのですが、体は眠りたいので普通のことが出来なくなります。こんなにツラいとは思いもしませんでした。


でも、病気になってしまったものは仕方がないので、上手に付き合うしかないのです。薬の量と睡眠時間のコントロール、頭の中で考えていることの整理等、病気になる前よりやることが増えています。


社会復帰はしていますが、毎日が不安の連続で、今も会社に行けない日があります。


うつになった原因も書いていきたいと思っています。

昨日の続き

この年齢でうつ病になって、降格させられると色んな事を諦めていかなくてはいけない事を思い知らされます。周りを見てて一番うらやましいのが「若さ」になってきました。
若かったらって思うことが増えます。


若い時から続けていれば…。とかも感じます。後悔しても遅いのですが、分かっていても他人を見るときに後悔が先に立ち、打ち解けられない自分がいるのも事実です。


50代になったときに何ができるのかな?