定年までのカウントダウンのブログ

人生3倍生きて感じる事

50代の生き方

最近の病気のことを書いていましたが、今真剣に考えているのは「50代を生きる」ということです。難しく書いていますが、どんな50代を生きればいいのかという問題にぶち当たっています。


30代、40代は仕事に一生懸命になれば、幸せが来ると思っていました。自分が望むものが手に入るような気がしてがむしゃらに仕事してきました。(それで病気になったのですが)今でも間違いではなかったような気がします。でも50代になると一生懸命仕事することと、幸せになることは別の事だと分かるようなってしましました。残りの仕事の中で、自分が得られるものが少ないと実感してきました。


40代後半で、部署の変更になってしまったので、自分よりも年齢の下の人に仕事を教えてもらわなくてはいけない状況です。当然、得られる技術は時間的にも限りがあるし、技術がなければ収入も上がらないわけです。役職もそうです。一旦就いていた役職を解任になってから、収入は激減しましたし、やりがいも少し減少しました。会社に対する貢献度合いも少ないのが現状です。


その中で「50代を生きる」とはどういったものなのか、難しいことを最近考えてしまします。いつか答えが見つかるのでしょうか?